JapaneseEnglish

  • マプカシート MAPKA Sheet
  • 新素材紙パウダー MAPKA
  • ER保冷箱 ER BOX
  • 新素材紙発砲体 earth republic
  • 業界業種・活動領域
  • 会社情報・設備拠点
  • 行政・金融機関のみなさま

ERI 環境経営総合研究所

MAPKA Sheet 紙パウダー主原料のプラスチック代替素材

紙パウダー主原料の世界でも類を見ない、MADE IN JAPANの新素材MAPKA。そのシート成型グレードがMAPKAシートです。弁当トレー、ストローやコーヒーリッドなどの食品容器で利用されるプラスチックシートの代替素材として、既存のプラスチック成型機器はそのままでご利用いただけます。

活用範囲
使い捨てプラスチック代替品として様々に活用可能
サプライチェーン
原材料の入手から消費者へ届くまで
製造工程
世界的な評価を受ける独自技術
生産拠点
紙の粉砕からシート化まで一貫して生産

sdgs

MAPKA Sheetの特徴

プラスチック容器の代替品として

プラスチックによる環境汚染が国際的な問題となっている現在、EU、アメリカ、中国をはじめとした世界各国では、リサイクルできない使い捨てプラスチック容器の使用を規制する動きが広がっており、日本国内でも早急な対応が求められています。 「紙」を主原料としたMAPKAシートは、プラスチックと同等の機能性と価格を持ち合わせた環境にやさしい新素材。「脱プラ」が進む食品トレーやストローなどの代替として最適です。

可燃ごみとして処理可能

MAPKAシートは主原料である紙パウダーを51%含有したエコ素材で、枯渇が懸念されている石化資源を、製品として半減(削減)できるだけではなく、MAPKAシートの容器包装成形品は「非プラスチック」扱いとなり、容器包装リサイクル法の対象外製品となるため、「燃えるゴミ・燃やすゴミ*」として廃棄でき、有毒ガスの発生もないことから、安心・安全な可燃物処理が可能です。 MAPKAシートとPPFシートの2種において、燃焼時の「灰分」を測定したところ、それぞれ0.7%、19%という結果となり、従来品から18.3%減少、炭カル、タルク等の無機フィラーを使用していない為、ほぼ完全な焼却が可能となることが証明されました。 また、燃焼カロリーが汎用の樹脂に比べ低くなることから燃焼炉への負荷も低く、「脱プラ」の時代にマッチした製品となっております。

環境性能

環境性能

MAPKAシートを使用することにより、汎用プラスチック(PPF)と比べ温室効果ガスの排出量を約35%削減することが可能です。
MAPKAトレーとPPF(PPタルク)トレーの2種において、LCA(ライフサイクルアセスメント)値で環境性能を比較したところ、地球温暖化では従来品の△11.9%、酸性化では△31.7%、富栄養化では△35.2%と、いずれも従来品を下回る結果となっており、従来品をMAPKAシートに入れ替えるだけで効果の高い環境対策を実現できることが証明されています。

食品衛生と電子レンジ特性

耐熱温度は140℃となっており、電子レンジでの使用が可能です。
第三者機関による容器包装規格試験、電子レンジ耐久性・高周波適正性試験も実施し、安全性・機能性も証明済みのため、食品トレーの代替素材として安心してご使用いただけます。

従来の真空成形機を利用可能

バイオプラスチックは量産成形を行う場合に専用の設備などが必要になりますが、MAPKAシートは従来のプラスチック成形で使用している真空成形機でプラスチック材料と同様の成形が可能です。また、成形温度は180℃〜200℃と従来のプラスチックシートより30%程度低くなり、その分省エネルギーな成形が可能となります。

バイオマスマーク取得

MAPKAシートの紙含有率は、51~55%であり、一般社団法人日本有機資源協会 にてバイオマスマーク50を取得いたしました。
※)バイオマスマークの50はバイオマス原料の範囲が全体の50~59%を占めることをさしている


活用範囲

食品用トレー 白

食品用トレー 白

小売店で扱える弁当容器の白色タイプです。

食品用トレー 黒

食品用トレー 黒

小売店で扱える弁当容器の黒色タイプです。

ドリンクリッド

ドリンクリッド

ワンウェイ容器に最適な漏れを防ぐドリンクリッドです。



製造工程

世界的な評価を受ける独自技術を用い、主原料となる紙をパウダー化し合成樹脂と混成しペレット化、そこからプラスチック成型技術で代表的なインジェクショングレードと、食品容器(トレー)で一般的なシートグレードがのMAPKA製品が生まれます。


生産拠点

紙の粉砕、合成樹脂との混合、シーティングまで一貫して生産しています。

茨城工場

〒300-0003 茨城県土浦市紫ヶ丘1-2
TEL:050-8886-7268 FAX:029-831-0071

平成21年にMAPKA初の工場として新規設置。国内唯一の紙パウダー入り成形材料の量産拠点として、海外からも多くの企業様にご来訪いただいています。

MEB(韓国)

372-74 Hapmok-ri, Deoksan-myeon, Jincheon-gun, Chungbuk, South Korea
TEL:+82 43-532-7770

平成29年10月に第2工場が竣工し、日本のマーケットに向け紙55%入りMAPKAシートを供給しています。


環境・リサイクルのトータルサービス

NEW BUSINESS DEVELOPMENT

専門集団による先進サービスの開発・展開

「廃棄物の発生抑制サポート事業」や「家畜の飼養改善サポート事業」をはじめ、様々な先進サービスの開発・展開を進めています。

グローバルに評価される環境技術

世界唯一の技術力・環境性能・受賞歴など

プラスチック使用量世界一のアメリカで、オンリーワンと評価され、各種顕彰を取得。国際工業規格の取得も予定しています。

行政・金融機関の皆様へ

メイドインジャパンのイノベーション企業ERI

新たな取引やマッチングへの窓口はこちらです。当社の理念・戦略に共感いただける皆様のお問い合わせをお待ちしています。

メールフォーム

業界・業種

食品容器

安心安全が求められる食品容器・パッケージ

建築資材

急速に環境対策が進む一大マーケット

自動車・家電
文具・玩具・アメニティ

拠点・施設

札幌工場

〒065-0043 北海道札幌市東区苗穂町14丁目2-21
TEL:011-748-3850 FAX:011-748-3851

茨城工場

〒300-0003 茨城県土浦市紫ヶ丘1-2
TEL:050-8886-7268 FAX:029-831-0071

千葉工場

〒289-2505 千葉県旭市鎌数9163-35
TEL:0479-60-5570 FAX:0479-60-5580

アメリカ (EBPM)

4037 S.Saginaw Rd., Midland, MI 48640 USA
TEL:+1 989-496-1934 FAX:+1 989-496-1941

EIF西日本

〒708-0015 岡山県津山市神戸88
TEL:0868-28-2080 FAX:0868-28-1723

韓国 (EBPK)

372-74 Hapmok-ri, Deoksan-myeon, Jincheon-gun, Chungbuk, South Korea
TEL:+82 43-532-7770

会社概要