JapaneseEnglish

  • マプカシート MAPKA Sheet
  • 新素材紙パウダー MAPKA
  • ER保冷箱 ER BOX
  • 新素材紙発砲体 earth republic
  • 業界業種・活動領域
  • 会社情報・設備拠点
  • 行政・金融機関のみなさま

ERI 環境経営総合研究所

ER保冷BOX 水蒸気発泡断熱材 +段ボール箱

紙パウダーを主原料とする、世界でも類を見ないMADE IN JAPANの水蒸気発泡断熱材 earth republic と段ボール箱を組み合わせた、次世代の環境にやさしい保冷箱です。従来の発泡スチロール製品と同等の保冷性を持ち、大量輸送も可能なため様々なシーンで利用されています。

使用方法
使い捨てプラスチック代替品として様々に活用可能
活用範囲
様々に活用可能

sdgs

ER保冷BOXの特徴

優れた断熱性と保冷性

ER 保冷BOXは「段ボール」とearth republicを組み合わせることで、発泡スチロールと同等の保冷性能を実現した次世代の保冷箱です。冷蔵・冷凍の必要なお土産・お取り寄せギフト、水産物など高い保冷性を必要とする商品や、塗料缶、高機能フィルムなど凍結防止のために断熱性を必要とする商品の梱包に最適です。発泡スチロール保冷箱のような型代も不要でコストダウンにもつながる他、外箱にコートボールや白ライナを使用することで非常に綺麗な印刷ができるため、デザインの優れたパッケージで梱包商品のブランド性を表現することも可能です。

保管・輸送時の省スペース化

従来の発泡スチロール成型品に比べて、earth republicの発泡断熱材は段ボール同様に折り畳んでフラットな保管ができるため、保管スペースが約3分の1省スペース化し、大量輸送が可能となります。80サイズの宅急便を1,800セット輸送する場合、発泡スチロール成型品であれば2tトラックが2.1台必要となりますが、ER保冷BOXであれば2tトラック1台で運び出し可能です。

※箱の長さ・巾・高さの比率によって輸送量は変動します。
※計算方法の違いにより輸送量が変動する可能性があります。

プラスチック原料削減

主原料が上質古紙90%以上の比率を占める「段ボール」と、上質損紙と澱粉の植物成分を55%以上使用したearth republicの「発泡断熱材」を組み合わせたER保冷BOXは、プラスチック原料が大幅に削減された再リサイクル可能なサステナブルで環境にやさしい製品となっています。また、天然成分は従来製品で使用される合成樹脂と比べコストも大幅に抑えられるため、製品の低価格化にもつながっています。

バイオマスマーク取得

ER保冷BOXの紙含有率は、51~55%であり、一般社団法人日本有機資源協会 にてバイオマスマーク50を取得いたしました。
※)バイオマスマークの50はバイオマス原料の範囲が全体の50~59%を占めることをさしている


使用方法

板状のER断熱材を段ボールのサイズに合わせてカットして罫線を入れて使用します。
罫線を折り曲げ「コ」の字にし、それを組み合わせて箱に入れ、中に冷気を閉じ込めることで優れた保冷性を発揮します。

How to set up ER

オリコン用ER保冷ボードを「コの字」形状に嵌合させて保冷箱に早代わりさせます。

Step1

オリコンを組み上げて上部のフタを予め開けて準備をしておきます。

ER(大)を準備し、テープ面を上にしオリコン中心部へ軽く垂直に差し込みます。

Step2

上部を軽く押しながら下の罫線部を曲げ底面へ押し込むイメージで差し込みます。

手を離してもERは自立してくれます。

Step3

ここでER(小)を準備します。「コの字」形状に折り曲げる罫線が既に付いております。

罫線に沿って軽く 折り曲げてやや三角形にするイメージで形状を作り保ちます。

Step4

やや三角形状に保った状態で上から底面に挿入して行きますとスムーズに嵌っていきます。

ER(小)が底面までキッチリ届くまで押し込んで下さい。*隙間が開くと保冷性が下がります。

Step5

ER(小)の側面をオリコンの側面へ向けて内側から軽く押して内寸を広げてセットします。

手を離し隙間が無い事が確認出来たらERセットは完了です。

Step6

食材を保冷箱の中へ入れ上フタを軽く倒してERを閉めます。*テープの取っ手を上に出す。

オリコン本体上部のフタを中心部に合わせオリコン保冷箱梱包の終了です。

How to disassembly ER

保冷箱の解体方法です。

Step1

オリコン本体のフタを開けて準備します。

ER(大)に付いているテープ取っ手を軽上部に引き上げますとERのフタが持ち上がります。

Step2

ER(小)とオリコンの側面に手を差し込み三角形状になる様、内側へERを曲げて下さい。

そのままER(小)を上部に抜き取るとER(大)のみが残ります。

Step3

ER(大)の上部を軽く握り、オリコン本体の側面を擦らない様に内側へ向け引き上げます。

更に上部へ引き抜くと無理なくER(大)を抜き取る事が出来ます。

Step4

ERを全て抜き終えたらオリコンをフラットな状態に戻し取り外し作業は終了です。

ERは柔らかい素材で保冷性能が御座います。解体後はフラットな状態で保管願います。


活用範囲

オリコン+ER

オリコン+ER

折り畳み保管可能なBtoB食材輸送用保冷箱です。

コートボール+ER

コートボール+ER

ギフト用アイスなどの保冷箱です。

段ボール+ER

段ボール+ER

環境にやさしい保冷箱です。



環境・リサイクルのトータルサービス

NEW BUSINESS DEVELOPMENT

専門集団による先進サービスの開発・展開

「廃棄物の発生抑制サポート事業」や「家畜の飼養改善サポート事業」をはじめ、様々な先進サービスの開発・展開を進めています。

グローバルに評価される環境技術

世界唯一の技術力・環境性能・受賞歴など

プラスチック使用量世界一のアメリカで、オンリーワンと評価され、各種顕彰を取得。国際工業規格の取得も予定しています。

行政・金融機関の皆様へ

メイドインジャパンのイノベーション企業ERI

新たな取引やマッチングへの窓口はこちらです。当社の理念・戦略に共感いただける皆様のお問い合わせをお待ちしています。

メールフォーム

業界・業種

食品容器

安心安全が求められる食品容器・パッケージ

建築資材

急速に環境対策が進む一大マーケット

自動車・家電
文具・玩具・アメニティ

拠点・施設

札幌工場

〒065-0043 北海道札幌市東区苗穂町14丁目2-21
TEL:011-748-3850 FAX:011-748-3851

茨城工場

〒300-0003 茨城県土浦市紫ヶ丘1-2
TEL:050-8886-7268 FAX:029-831-0071

千葉工場

〒289-2505 千葉県旭市鎌数9163-35
TEL:0479-60-5570 FAX:0479-60-5580

アメリカ (EBPM)

4037 S.Saginaw Rd., Midland, MI 48640 USA
TEL:+1 989-496-1934 FAX:+1 989-496-1941

EIF西日本

〒708-0015 岡山県津山市神戸88
TEL:0868-28-2080 FAX:0868-28-1723

韓国 (EBPK)

99-21, Gwinong 3-gil, Deoksanmyeon, Jincheon-gun,Chungcheongbuk-do, 27856, KOREA
TEL:+82 43-532-7770

会社概要